Form of Sound
2014(大学3年次後期課題)
-
Milk, Speaker, PVC board / Paper | White printing
音の可視化をテーマに制作した作品。音は音符や文字として記述できるが、そういった言語や記号に置き換えることができない微細な音のニュアンスを可視化し記述することを試みた。クラドニ図形から発展した学問であるサイマティクスの手法を参考に、様々な楽器を使って演奏がなされるオーケストラ演奏の一部分をビジュアライズしている。(楽曲はドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」)
一見不規則に見える振動が作り出すパターンは、環境によって音の聞こえ方が変化するかの如く、周囲の形状に共鳴しながら一瞬一瞬に極めて秩序だった多彩な形を作り出す。
塩化ビニールの薄い板上に作った枠に液体を満たし、裏側からスピーカーで振動を与えることでパターンを作り出している。

↑Back to Top